2010年10月1日金曜日

メールが「neither permitted nor denied」扱いになる

SMTPでGMailに話しかけてメール送信してもらうアプリから届いたメールの中身を見てみたら、なにやら保留扱いのような書き方をされていた。

Received-SPF: neutral (google.com: xxx.xxx.xxx.xxx is neither permitted
nor denied by best guess record for domain of
xxxxxx@xxxxxx.com)
client-ip=xxx.xxx.xxx.xxx;

Authentication-Results: mx.google.com; spf=neutral (google.com:
xxx.xxx.xxx.xxx is neither permitted nor denied by best guess record for
domain of xxxxxx@xxxxxx.com) smtp.mail=xxxxxx@xxxxxx.com


SPFの設定をしていないかららしい。

メールサーバーにGoogle Apps(Gmail)を使う場合に軽く押さえておくポイント | cloudrop
SPF レコードの設定に詳細が載っていて、DNSのTXTレコードに設定をすれば済むのですが、そのドメイン内で何かしらサービスを動かしている場合、Gmailのサーバー以外からメールを送る可能性があるので、そのサーバーのアドレスも合わせてSPFレコードに登録するべきです。

場合(設定?)によっては迷惑メールフィルタにひっかかるのかな

0 件のコメント:

ブログ アーカイブ

カテゴリー